4711 ポーチュガル 150ml タイムセール ヘアトニック 55%以上節約

4711 ポーチュガル ヘアトニック 150ml

4711 ポーチュガル 150ml 【タイムセール!】 ヘアトニック 1145円 4711 ポーチュガル ヘアトニック 150ml ビューティー 香水・フレグランス 男性用 4711 ポーチュガル 150ml 【タイムセール!】 ヘアトニック ヘアトニック,ポーチュガル,arsskyrsla2019.golf.is,1145円,ビューティー , 香水・フレグランス , 男性用,150ml,/boildown117526.html,4711 ヘアトニック,ポーチュガル,arsskyrsla2019.golf.is,1145円,ビューティー , 香水・フレグランス , 男性用,150ml,/boildown117526.html,4711 1145円 4711 ポーチュガル ヘアトニック 150ml ビューティー 香水・フレグランス 男性用

1145円

4711 ポーチュガル ヘアトニック 150ml

商品紹介

商品説明
「4711 ポーチュガル ヘアトニック 150ml」は、スイートオレンジがやさしく香るトニックです。ポーチュガルという名前は、大航海時代、ヨーロッパにオレンジを伝えたポルトガル人に由来した、地中海の日差しとやわらかな風をイメージしたネーミングです。やさしいスイートオレンジamp;フレッシュなレモンから、コリアンダーとアーモイズのスパイシーな香りに変化。最後は残香性の高いエボニー、モス、ムスクといった大人っぽい深みのあるウッディamp;アンバーへと変化するノート。爽やかで、やさしい甘さのトニックで、頭皮をリフレッシュします。

成分
変性アルコール、水、香料、硫酸(Al/K)

ご注意
・頭皮に合わないときは、ご使用をお止め下さい。
・目に入ったときは、水またはぬるま湯ですぐ洗い流して下さい。

原産国
ドイツ

Amazonより

200年の歴史を持つ 世界初のオーデコロン

1792年に誕生した世界で初めてのオーデコロン。独自の製法を守り続け、現在も香料は天然の植物素材だけで作られている。200年たった今でも世界中で愛され続けるフレグランス。

さわやかな印象を与えるシトラスをトップに、甘いラベンダーとクリアなローズマリーへと豊かに変化する3つのノート。その爽快な使用感は、疲れた時や気分をリフレッシュしたいときに最適。

ルーツはドイツ・ケルン

1792年、ドイツ・ケルンのグロッケンガッセでのこと。ミューレンス社の創始者であるウィルヘルム・ミューレンスは、婚礼の祝福として修道士から一枚の羊皮紙を授かった。そこに記載されていた処方に従って製造したものを“アクア・ミラビリス(不思議な水)”と呼び、ここに世界初のオーデコロンが誕生した。

4年後、ナポレオンの占領により駐留したフランス軍は、混乱を避けるために、ケルンの全ての建物に番号を記した。その時ミューレンスの仕事場に記された番号が「4711」。彼らはアクア・ミラビリスを“オーデコロン(ケルンの水)”という名前とともに家族や恋人の元へ送り、それがフランス中に広まった。

4711を冠す メンズコスメブランド ポーチュガル

“4711”から生まれたポーチュガルは、大航海時代、ヨーロッパにオレンジを伝えたポルトガル人に由来した、地中海の強い日差しとやわらかな風をイメージしたブランド。

トップのやさしいスイートオレンジとフレッシュなレモンの香りから、アーモイズの豊かなアロマの香りへと変化し、ラストはウッディ、アンバー、ムスクといった、深みのある豊かな香りへと変化する。フレグランスからスキンケア、スカルプケア、ヘアケアまでラインナップしている。



※「天然香料」を使用しているため、ワインなどと同様に天候や収穫年度によって、香りや色調がバラつくことがございます。

日本フレグランス大賞 ロングセラー賞 受賞

2010年、日本フレグランス協会が制定した「香水の日(10月1日)」に、同協会が主催する第1回「日本フレグランス大賞」が発表され、4711 ポーチュガル オーデコロンがロングセラー賞を受賞した。
ラグジュアリー、セレクティブ、ポピュラー等のカテゴリーに分けて実施され、フレグランスに精通したマスコミ関係者、百貨店バイヤー、香水専門家など23名による審査で決定。ノミネートされたフレグランスは74品目、受賞は13品目だった。

続きを見る

4711 ポーチュガル ヘアトニック 150ml

今回の物は、以前からレビューが有る物みたいで臭いが全く違う物が届きました。何故にこの様な事が有るのでしょうか?詰め替え用の物はこの臭いでは無かったので非常に残念です ロットによってこのような臭いの変化では商品価値が無くなりますアマゾンではこの様な品質検査等はしないと思いますが、これだけ顧客からの同じ様な意見がある以上メーカーに問い合わせる必要もあっても良いのではないか? 続きを読む
いままで20年以上使い続けてきてるが、他のレビューでもあるような「香りが違う」のに今回初めて遭遇した。今まではアメ横に行った時に買ってきていたが、AMAZONで購入できることが分かり前回購入。しかしいつの間にかプライム会員でないと購入できなくなり、仕方なしに入会~購入。手元に届いたので早速確認したら、昔からのいつもの香りではなく「男性化粧品」っていう、あの気分の悪くなる匂い。さわやかな柑橘系ではなく「むっ」とする変な匂い。こんなつけて外に出るのは正直嫌です。取扱店はどうにもならないのだろうが、品質の安定は最低限だろうに。。。安いものではないので残念です。 続きを読む
定期便で愛用していました。今回来たヘアトニックからは、全く柑橘形の香りがしませんでした。一部レビューにも香りの事がのっていますが、私も同じ経験をしました。匂いもきつく臭いので、今回で定期便をやめました。好きだったので残念です。 続きを読む
他のレビューでは香りがおかしい等の意見がありましたが、私が購入したものはしっかりと、そして爽やかなオレンジの香りがする製品でした。大手化粧品メーカーの男性向けトニックにありがちなおじさんっぽい特有の匂いもなく、家族にも評判が良いです。なお、手違いかはわかりませんが、オイル成分配合の物が届きました。そのことをAmazonに指摘すると返金対応になりました。 続きを読む
イベント
EVENTS
ニュース
NEWS
お知らせ
メディアの中の高知大学

高知大学ピックアップ情報

PICK UP

学生一人ひとりに合ったキャンパスライフをサポート!学生総合支援センター
新しい学び、初めての経験に遭遇する大学生活は、時に、山あり谷あり。そんな困難や悩みを抱えた学生たちに寄り添い、支えているのが「学生総合支援センター」です。現在の取り組みやこれからについて紹介しましょう。
記事内容
  • 将来を見据えたキャリアマネジメント力を養う キャリア形成支援ユニット
  • 多様な学生のための学びの場を整備 インクルージョン支援推進室
  • 大学でまなぶための基本スキルをサポート 修学支援ユニット
海藻の未来を切り拓く!
日本で海藻が採れなくなっている?養殖で増やすことは可能?海藻研究における日本屈指の専門家、教育研究部門総合科学系の平岡雅規教授が解き明かします。
記事内容
  • アオノリの陸上養殖に日本で初めて成功!
  • 産学連携の共同研究でこれまでにない海藻養殖へ
  • バイオマスとしても海藻は利用できる!
日本の大学で学べるのは高知大学だけ⁉ローンボウルズの謎と魅力に迫る
スポーツ科学実技「ローンボウルズ」
ローンボウルズという競技、知っていますか?知る人ぞ知る、というよりも、知っている人がほとんどいない、超マイナーなスポーツ。高知大学ではこのローンボウルズの授業を、日本の大学で唯一、開講しています。どのような授業なのか、担当教員の川本真浩教授に話を聞きました。
記事内容
  • シェークスピア作品にも登場する人気スポーツ
  • 体力に自信がなくても上達できるのが魅力
  • 体育の授業なのに歴史や社会も学べる!
高知大学広報顕彰制度 優秀広報貢献賞受賞者紹介
高知大学広報顕彰制度とは、積極的な情報発信や創意工夫を凝らした取組を通じて、高知大学の広報活動をけん引する優れた活動を行った教職員等を学長が表彰し、広報マインドの醸成を図り、高知大学における広報活動の活性化と一層の発展に資することを目的としています。
記事内容
  • 技術職員が支える農林海洋科学部の広報活動 ― 今安 清光 室長
  •                   
  • 地域の人と手を取り合い絆を深める情報誌を発行 ― 玉里 恵美子 教授
  •                   
  • 基礎科学の面白さを国内外に向けて情報発信 ― 田島 裕之 特任助教
  •                   
  • 高難度外科手術に先端研究学会主催と大活躍 ― 花﨑 和弘 教授
世界初!脳の謎に迫る
“光る物質”
を研究
世界で初めての研究が、高知大学で成功しました。実験動物で脳のより深い部分の観察ができる“光る物質”をつくり出したのです。理工学部の仁子研究室でどのようにこの物質が生まれたのか。その取り組みと成果を紹介します。
記事内容
  • これまでにない強い光で脳の深部を探れるように
  • 光る物質の合成は困難の連続だった
  • 実験と研究の成果 そして新しい蛍光物質
社会で役立つ重要スキル
ファシリテーション
を学ぶ
近年、社会人の必須技術として注目されているファシリテーション。どういったもので、大学生が学ぶ意義は何なのか、地域協働学部の俣野秀典先生にレクチャーしてもらいました。
記事内容
  • コミュニケーションを最大化する技術
  • 「養成道場」で修行し、「学生ファシリテーター」に!
  • 得難い経験ができる演習でのオブザーバー役
  • リモート授業でも話し合いは問題なく進行

高知大学創立75周年記念に向けて

A GLANCE INTO THE PAST